スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラスについて~歴史編~

今日は少し趣向を変えまして、ガラスのお勉強のお時間です♪

最初に、 タイトル 「ガラスについて~歴史編~」 となっておりますが

特にシリーズ化するつもりはありません(笑)



皆さんは〝瑠璃(るり)″や〝「玻璃(はり)″ と言う言葉を聞いた事がありますか?

〝ビードロ″、〝ギヤマン″という言葉は?

これら全て「ガラス」という意味です。

昔はガラスと言う言葉以外このような言葉を使われてたそうです。

ガラスは最古のもので西暦紀元前25世紀ごろ、今から4500年前からあるそうです。

ガラス技術は1世紀くらいの間にエジプトやメソポタミアに広がりました。

16世紀にはヨーロッパに伝わり、そこから様々なガラス器が渡来し

ポルトガル語が語源になった〝ビードロ″〝ギヤマン″と呼ばれるように。

さらに時代は過ぎ、オランダから伝わって〝ガラス″と言う言葉が定着したようです。

そして漢字の〝硝子″

コレは原料に〝硝石(しょうせき)″を使ってるからだそうです。


ガラスって歴史があるんですね~

本日はガラスについてのお勉強の時間でした。

どうもご静聴ありがとうございました。



ふと調べてみたらこんな事が書いてあって、勉強になるなっと思ってUPしてみました。

ガラスを扱ってても知らない事ばかりです^^



ちょっとブルった気分を跳ねのけるカワイイグラスを作りました♪

って紹介すんのかよー(笑)



201605091

音符が気になってるネコちゃん♡

ネコのこのしぐさたまらないですよね~

グラスのそこはカットグラスになっています。

デザインは音符でなくてもネコちゃんでなくてもOKです♪

ご自分の好きなデザインで作れるのがオリジナルの醍醐味ですよね!!


  お好きなデザインで彫刻いたします☆

   手書きメッセージやお子様の絵も彫刻できます!! (過去記事→手書きdeグラス

   お手持ちのボトルやグラスにも彫刻致します♪(彫刻代+送料700円~)


   商品に対するご質問やご相談は随時お受け致しております。
      コメント欄、左のメールフォーム、もしくは

         info@ts-regalo.com

      からお願い致します。






…*☆*……………………………………………………………
サンドブラストのお店をしています!!
プレゼントをご検討中の方は是非コチラの星マークをクリック→ ★商品カテゴリーへ
                
             
いつもコメントやランキングサイトへのクリックありがとうございます。

日本ブログ村にも参加しています
↓↓コチラ(下の写真)をポチっとお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ
にほんブログ村

↓↓コチラもお願いします♪

人気ブログランキングへ

お付き合いありがとうございました

↓↓最後に「読んだよ」の合図でポチっとしていただければ励みになります    
Category: 商品紹介

コメント

No title

ニャンコのモチーフはかわいいねぇ♪

ガラスに関する講義参考になりました(*^_^*)

ビードロとかギヤマンとか言われると、
なんか高価そうなイメージ(笑)

2016/05/10 (Tue) 14:36 | まるまりもマルマリ #- | URL | 編集
まるまりもマルマリ様

ね~♪
ネコちゃん今流行ってるんだって!!
そんな私は犬派なんだけど♡
でも絵にするならネコちゃんの方が好きかも!!

マニアックな記事にコメントありがとうね!!
講義をちゃんと聞いてくれるなんて感動♡

言えてる!!
ビードロとかギヤマンって高そうだよね!!

イツモ、コメントアリガトウゴザイマス☆

2016/05/11 (Wed) 01:10 | natsu #- | URL | 編集
No title

ガラスの豆知識 めちゃ 面白い~~!! 勉強になりましたっ!
えええ~~ これシリーズ化してくれないの~~・(涙)
いや、色々気になります。 めっちゃ 気になります。ホントに、ホントに!

色々 鬼の様に 疑問を書いてもいいっすか(笑)
・ガラスの 沸点 融点 は摂氏何度くらいなのかな?
・かなり高温だと思うんだけど、4000年以上前の エジプトでは
 どうやって、その温度に 熱したのかな? きっと普通の焚き火では無理ですもんね。。
・トンボ玉っていう ガラス細工を眺めるのが 好きなのですけど、
 どこが発祥なのだろうか?? 古代エジプトには あった?? かも

↑ 嫌がらせだぁ 質問の オンパレード・・
いえ、違います違います 決してそういうつもりじゃないんです。
純粋に、色々興味がありすぎなだけです(涙)

あっ、natsuさん お忙しいんだから調べなくてもいいですよ、
自分で調べてみます(笑)

2016/05/12 (Thu) 10:33 | ワタマス #- | URL | 編集
ワタマス様

ワタマスさんこういうの好きそうですね~♪
疑問について。
ちょっと調べてみました。

 > ・ガラスの 沸点 融点 は摂氏何度くらいなのかな? 

ガラスには明確な融点はないみたいですね。
http://homepage1.nifty.com/meltglass/glass91.htm
ここのサイト様は面白いかも♪
トンボ玉の事も書かれてますよ!!


 > ・かなり高温だと思うんだけど、4000年以上前の エジプトでは
 >  どうやって、その温度に 熱したのかな? きっと普通の焚き火では無理ですもんね。。
この質問を調べてるとここの会社様が分かりやすく書いてくれてます。
  http://www.annaka-tg.com/know/

日本の陶芸なんかでも1200度位で焼きますよね。
それと同じようにガラス炉でやってたのかな?
日本でも弥生時代後期の遺跡からは、ガラス炉の跡と思われるものが発見されてるようですよ!!


 > ・トンボ玉っていう ガラス細工を眺めるのが 好きなのですけど、
 >  どこが発祥なのだろうか?? 古代エジプトには あった?? かも
トンボ玉かわいいですよね~
私も大好きです!!
Wikipediaに詳しく乗ってました!!
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%BC%E7%8E%89

どこが発症かは定かではないようですね!!
でもWikiを読むとエジプトなのかな~って思います。

お時間がある時にでも一度読んでみてください!!
もし間違ってたらすみません(>_<)
ワタマスさんもお時間ある時に調べてみてもし違ったらまた私にも教えてください^^

イツモ、コメントアリガトウゴザイマス☆

2016/05/12 (Thu) 11:54 | natsu #- | URL | 編集
No title

娘が産まれる前なので、ずいぶん前のことですが、
夫とふたりでサントリーミュージアムのエミール・ガレ展に行ったんですー
ガラス細工の技法・工法とかも詳しく解説展示されていて、興味深かったなぁと思い出しました。

各国それぞれに歴史があって、面白いですよね!

メッセージをこめたり、好きなモチーフで飾りつけるサンドブラストも素敵。
音符にじゃれてる猫ちゃん、かわいいですー♪

2016/05/13 (Fri) 13:28 | まに #- | URL | 編集
まに様

サントリーミュージアムって天保山のですか?
あそこって結構楽しい展覧会みたいなのやってますよね~
昔たまたま覗いたら「スラムダンク」や「バガボンド」で知られる漫画家・井上雄彦さんの展覧会やってました!!

歴史ってほんとすごいよね~
国によって違うけど実は似てるとこもあるし!!

ありがとうございます^^
ガラスに自分の気持ちを刻み込めるなんてステキですよね!!
今はネコちゃんモチーフ、なんだか好きです♪
私犬派なのに(笑)

イツモ、コメントアリガトウゴザイマス☆

2016/05/14 (Sat) 01:14 | natsu #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。